ジルスチュアート リップブロッサム 10色レビュー(その2)

リニューアルしたジルスチュアートのリップブロッサムを買うとついてくる10色パレットの色味を詳しく説明しました。

中身は発売されている現品と同じものなのでどの色を買うか迷っている方の参考になると嬉しいです。

とても長くなってしまうため2回に分けて投稿します。

番号と色番をつけてありますので、照らし合わせながらご覧ください。 画像はフラッシュありなしと持ちを試すためにティッシュオフしたものになります。 f:id:kurara39:20180207033457j:plain f:id:kurara39:20180207033428j:plain f:id:kurara39:20180207033353j:plain

39(bouquet)

花々の幸せを呼ぶレディッシュピンク(ノンパール)チェリーピンクのような色味のリップ。肌色の明るい方にも暗い方にも合う万能なピンクだと思います。大人っぽさのあるピンクなので普通のピンクだと可愛くなりすぎる、という方にもおすすめです。

41(precious carnation)

幸せを届けるカーネーションのようなミスティピンク。目立たない程度のパール入り。個人的には少し紫っぽさのあるピンクだなと思いました。透明感の出る色味なので透明感重視の方には特におすすめです。ピンクリップばかりで飽きてきたな、という方にも挑戦しやすいカラーです。

43(casablanca voyage)

カサブランカのように高貴なウォームベージュ。目立たない程度のパール入り。個人的には少しブラウン味のあるベージュだなと感じました。ブラウンっぽいリップを使いたいけど勇気が出ないという方にも挑戦しやすいです。オフィスなどでも特に使いやすいカラーだと思いました。 

45(seductive amaryllis)

アマリリスのように魅惑的なボルドーレッド(ノンパール)見た目は紫っぽく見えるのですが実際は透け感のあるディープレッドです。深みがあるので特に秋冬にぴったりのカラーです。ラメなどがないためどんなメイクにも合わせやすいです。 

50(dazzling poinsettia)

ポインセチアのように真っ赤なダズリングレッド。少し大きめの赤やピンクのラメが入ったぶどう色のようなカラー。とても可愛い色味で、女の子っぽさを残しつつ簡単に秋感を取り入れたメイクが出来ます。お手持ちの口紅に薄く重ねて使用しても赤みとラメ感が足せて良いです。

使用感について

全体を通してのリップブロッサムの使用感ですが、ツヤ感がすごいあり、スルスルとリップクリームのように塗れる口紅です。 透け感があるため発色が弱めで何回か重ねないと色味がはっきりと出ないのでコスパは良いとは言えません。

ツヤ感と保湿力があり単体で使用できるところは◎ 

色持ちについてですがティッシュを軽く重ねてティッシュオフしてみたところ、全体的に薄くですが色は残ったので飲み物を飲んだり食べ物を食べたりしなければ少しは持つと思います

普段ティントタイプやはっきりとした口紅を使用している方には物足りないと思うのですがナチュラルめのメイクが好みの方にはぴったりの口紅です。 

 ひとこと

たくさん色の種類があるため欲しいけどどの色にするか迷ってしまう、という方の参考になればいいなと口コミしました!

デザインも可愛く香りもかなり良いのでプレゼントなどにもおすすめです。